mv-icon
税理士法人
TAPブログ

mv

Latest Posts

男性の子育て目的の休暇取得促進

弊社-税理士法人TAPでは、男性も育児休業が取りやすい職場風土を作ってまいりたいと考えております。
下記が厚生労働省でも公表されている雛形に沿った計画書です。
シンプルな内容ですが、まずは行動計画を立てることが大切とも考えます。
少子高齢化が進む日本ではこれからの時代、家庭内で子育てしやすい社会的環境が求められ、やはり男性も育児のために休業が取りやすくなるべきです。
下記のような研修資料を事務所内で配布しまして、事務所内でも周知をさせて頂きました。
子どもさんが産まれて、パパが少しでも多くの時間子育てが出来たら、家族みんなの時間を豊かにしてくれるはずです。
今後、多くの会社で意識が高まっていって欲しいと思います。
<リンク>
  • user 内田
  • time 2021年8月28日
  • tag 未分類
  • comment 0

レビュー『アマゾン化する未来~ベゾノミクスが世界を埋め尽くす~』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゾン化する未来』 ブライアン・デュメイン ダイヤモンド社

売上29兆7,000億円もの年間売上高を誇る巨大ハイテク企業アマゾンは、新型コロナウイルスのパンデミックに直面して、最も機敏なスタートアップ企業のようなスピードで対応した。
コロナ禍でアマゾンは、デジタル化された採用プロセスにより、数週間で17万5,000人の従業員を追加採用することができた。

コロナ危機最初の数か月で、同社の株価は25%上昇し、CEPジェフ・ペゾスの純資産は約3兆円増の約15兆円となって、世界でも最も裕福な人物となった。

この前に、混雑した倉庫の中で作業する従業員たちの感染防止のため、アマゾンの配送スピードは低下した。
しかし、ペゾスは問題解決のため大胆な行動を見せた。
約4,200億円(第2Qの利益を上回る金額)を費やし配送・倉庫システムの再設計と安全性の向上を発表した。
すべての従業員にマスク、手の消毒、感染検査を実施し、AIシステムを袖に付けて接近しすぎると警告音を発するようにした。
「ウィズコロナ」こそが、アマゾン化(ペゾノミクス)の時代の到来を告げる合図なのである。

ペゾノミクスは顧客への執着、クレイジーなイノベーション、そして容赦のないAIフライホール(うまく回り始めればあとは回転が持続する好循環)が促す長期的思考を掛け合わせたものであり、21世紀のビジネスモデルとなっている。
アマゾンは、コンピュータが人間よりも多くのビジネス上の決定を下すようになる可能性をもつ、最初の企業。
ビジネスの世界は最終的に、ペゾノミクスを採用するグループと、採用しないグループに分かれるだろう。

クラウドコンピューティングは、企業や個人がローカルサーバーやパソコンを使う代わりに、インターネットを介して複数のサーバー上でデータを保存、管理、処理を可能にするもので、アマゾンは2006年にクラウドサービスをいちはやく市場に投入し、2018年時点でAWSは約3.5兆円の収益を誇る世界最大サービスとなった。
アマゾンがモノのインターネット化(IOT)AI駆動型テクノロジーを追求する中で、彼らは自動化されたビジネスモデルをつくり、この新しい世界に適応でいない従来型のビジネスを押しつぶそうとしている。

  • user 内田
  • time 2021年2月12日
  • tag 未分類
  • comment 0

東日本大震災 義援金






 先般の東日本大震災により被災された方々へ少しでもお役に立てばと思い、

 本別町商工会青年部にて義援金を募っております。



 弊事務所にペットボトル型の募金箱を置いております。皆様のご理解とご協力

 を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。



 当義援金は本別町役場を通じ、教育やボランティア活動で本別町と交流の

 ある「宮城県南三陸町」様にお贈りする予定です。

  • user 内田
  • time 2011年3月19日
  • tag 未分類
  • comment 0

東日本大震災



一昨日3月11日の地震に関しまして、被害を受けられた方々には謹んでお見舞い申し上げます。

本別町でも長い間かなりの揺れを感じました。



観測史上最大の地震ということで、東北地方をはじめ被害に合われた方々が心配です。

テレビの映像だけではありますが、東北地方の様子には恐怖を感じずにはいられません。

一方、東北地方に住む知り合いは避難して無事だったようで少し安心いたしました。



まだまだ余震にも気をつけないといけないようです。

被災地の方々のご無事を心より祈念しております。

自分たちに出来ることを少しでもしていきたいと思います。

  • user 内田
  • time 2011年3月13日
  • tag 未分類
  • comment 0