mv-icon
税理士法人
TAPブログ

mv

Latest Posts

【ご挨拶】2024年4月1日TAP入所式 歓迎の言葉・訓示

2024年4月1日、税理士法人TAPの入所式を開催しました。

その中で代表挨拶として、新入所員2名へ送った言葉を記載します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日、2024年4月1日、税理士法人TAPの入所式、中村●●さん、三浦●●さん、ご入所誠におめでとうございます。
TAPのメンバーを代表しまして心から歓迎をするとともに、改めてお祝い申し上げます。
ただいま流れた動画の曲にヨルシカさんの晴るという曲がありました。この曲のように春を迎え、数日前に東京では桜の開花宣言があり、北海道も雪が溶け、まさにお二人にとっても晴れやかな季節と記念すべき日を迎えられた事と思います。
話は少し変わりますがちょうど1か月前、3月1日、漫画家の鳥山明さんという方がご逝去されました。
1984年にドラゴンボールという漫画の連載を始められ、1986年にはテレビアニメが開始され、まさに私が小学生の頃、毎週テレビで観ていた事を思い出します。
主人公の孫悟空は育ててくれたおじいさんが亡くなり、ドラゴンボールを探す旅に出て、色々な敵に会いながら成長していく物語を、私は夢中になって観ていました。
鳥山明さんが携わった作品にもう一つ、ドラゴンクエスト(通称ドラクエ)というスクエアエニックスのゲームソフトがあります。
これは、鳥山明さんがキャラクターデザインに携わり、私も子供の頃夢中になって遊びました。なぜあれだけ夢中になったのか、それは自分の世界から外の世界に旅立って冒険をして、レベルアップ、すなわち成長をしていったからだと私は思います。
経験値を積んで、得意な魔法を覚えて、HPと言われる体力をいつも回復させながら、レベルも10.20.30とアップさせていきながら、大魔王を倒すために冒険をしてゲームクリアを目指していく。
それは今の時代でも人気のロールプレイングゲームでも内容は似ているでしょうし、途中でゲームオーバーになったり挫折しそうになり、うまくいかない時もありながら、レベルアップをしてクリアをした時の達成感は素晴らしいものであります。
本日のお二人のように新社会人になることは、こんなドラゴンクエストのようなロールプレイングゲームのような、冒険の新しい世界に旅に出ることにも似ていると感じます。
ドラクエの旅の中で出てくる敵は、いわば仕事の中で出てくる課題や目標です。取り組んで倒すことで間違いなくレベルアップをしていきます。
ただ社会人としての仕事には、このようなロールプレイングゲームとは大きく違った点もあります。それは、ゲームの中では自分が楽しむ事をメインにレベルアップをして大魔王を倒してゲームクリアをしていきますが、仕事の中ではレベルアップや目標クリアが、もちろん自分のやりがいや楽しみのためもありますが、それ以上にお客様や社内の人、世の中のために繋がることが大きな違いであります。
ぜひお二人もロールプレイングゲームの中で出てくるような得意な魔法のような分野を身につけていき、毎日毎月毎年成長しながら、課題や目標をクリアして、その結果、周りの人のために役に立てるような社会人になっていって欲しいなと思います。
ここで、私は毎年、入社式の挨拶で一冊の本を紹介してプレゼントしておりますので、本日もお話したいと思います。
お二人もおそらく使った事があるのではないかと思う、Amazonドットコムの創業者、ジェフべゾフさんのことを、そしてそのコミュニケーション力のことを書いたこちらの書籍です
なぜこの本を紹介するのか。それは、他の人との意思疎通のための、話すことや書くことこそが、社会人にとって、とても大切な事だからです。
税理士法人・会計事務所の仕事ではパソコンや紙と向かい合って、決算や税金の結果を作り出す事も大切なのですが、それと同じくらい社内外のコミュニケーションの力が物を言います
お二人はこれから初めて会計事務所の仕事に携わり、その中では最初はわからない事だらけで立ち止まる事も多いでしょう。もちろん事務所としても一年間の教育プログラムを用意して、事務所の皆さんが基本の事から教えてくれます。それでも、教えてくれたことが分かったかどうか、わからないことは何か、相手に対してお二人も伝える事になるでしょう。その後、お客様と話したりメールなどをするときにも、言葉を発することになるでしょう。将来的に他の人に教えていくときにもわかりやすく言葉を選ぶことになるでしょう。
会計事務所の仕事というのは、一人一人は会計と税金のプロですが、実は1人で仕事をするのではなく、周りの人と協力することが大切で、そのために伝える力を身につけると良い、ということになります。だからこそ、本日この本を紹介したい思います。
●(本の文章を読み、コメント)
ぜひこの本を読んで、どれだけ伝える力が大切か知ってもらい、その方法を身につけていって欲しいと思います。
人1人の力には限界があり、みんなが協力をしてお客様に良いサービスを提供していきたいと私は考えています。最初に話したドラゴンボールでも主人公の孫悟空は多くの仲間を作っていきます。ドラゴンクエストも1人でレベルアップしていくのではなく、魔法が強い仲間や頭が良い仲間などとパーティを組んで、クリアをしていきます。
ぜひお二人も伝える力を身につけていって行動して、日々成長していって欲しいと思います。
以上、ドラゴンボールやドラゴンクエストのような冒険への旅立ちを祝して、これからの成長を心より願い、そのためにジェフべゾフさんのように周りへの言葉を大切にする事をテーマとして、入所にあたっての私からのお祝いの言葉とし終わらせていただきます。
2024年4月1日、お二人にとっての記念すべき日、本当におめでとうございます。」

 

 

  • user 内田
  • time 2024年5月18日
  • tag ご挨拶
  • comment 0

【税務】所得税-納付税額

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考文献:『租税法』金子宏 弘文堂

 

税金の基本は所得税にあり。その所得税の「基本原則」は全ての基本とも言えます。

何回かに分けて所得税の概要について書いていきたいと思います。

 

 

・納付税額の計算

各課税所得金額に税率を乗じ、一定の控除額を控除し納付すべき所得税額を計算します。

(1)算出税額の計算

①課税総所得金額 → 超過累進税率

②課税山林所得金額→ 5分5乗方式(税額軽減)

③課税退職所得金額→ 超過累進税率

 

(2)税額控除額の控除

算出税額から税額控除額(配当控除など)を控除します。

 

(3)源泉徴収税額(前払税額)の控除

源泉徴収税額(配当等の支払の際に天引された所得税)を控除して「申告納税額」を算出します。

 

(4)予定納税額(前払税額)の控除

7月と11月に前払いした所得税額(予定納税額)を控除して、確定申告により納付すべき所得税の額(第3期納付税額)を算出します。

 

・算出税額の計算

(1)課税総所得金額に係る所得税額 ⇒ 速算表により求めます

課税総所得金額 × 税率 - 控除額 =課税総所得金額に係る所得税額

 

※速算表

 

 

 

 

 

 

 

 

・税額控除

 

税額控除の代表的なものには、住宅ローン控除、寄付金特別控除、などがあります。

 

 

・住宅ローン控除(2022年(令和4年)より金額等変更)

該当する場合には相当な影響のある控除。1年目は確定申告を行い、2年以降は年末調整での控除も可能です。住宅取得時に住宅メーカー/仲介業者に前もって内容を確認しておくと良いでしょう。

 

・寄付金特別控除

・源泉徴収税額

配当金や給料などの支払いを受ける場合には、その受取額から予め所得税が天引される

こととなっております。この天引される所得税のことを源泉所得税額といいます。

但し、天引された所得税は単なる前払税額であって、適正な税額ではありません。12

月まで経過後にその個人の税率が確定して初めて、適正な所得税額が計算されることとなります。したがって、納税者は源泉徴収税額を天引する前の金額を基礎に税額を計算して、そこから源泉徴収税額を控除することにより納付すべき所得税の額を計算することとなります。

 

・申告納税額

算出税額から税額控除額、源泉徴収税額を控除した金額を「申告納税額」といい、この段階で百円未満の端数を切り捨てます。

 

・予定納税額

前年分の所得税の申告をした者のうち一定の者は、7月(第1期)と11月(第2期)に所得税を前払(予定納税)しなければなりません。この前払税額を予定納税といい、確定申告の際に精算(控除)します。

  • user 内田
  • time 2024年5月11日
  • tag 税務・会計・経営
  • comment 0

【税務】所得税-所得控除と課税標準

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考文献:『租税法』金子宏 弘文堂

 

税金の基本は所得税にあり。その所得税の「基本原則」は全ての基本とも言えます。

何回かに分けて所得税の概要について書いていきたいと思います。

 

 

●所得税-課税標準

 

総所得金額:

第1段階で10種類に区分した各種所得の金額のうち、山林所得の金額と退職所得の金額以外のものを総合(合算)し、「総所得金額」を計算する。なお、総合長期譲渡所得の金額と一時所得の金額は2分の1したから総合(合算)する。

※長く持っていたもの、たまたま入ってきたものについて税金を安くしている。

 

山林所得金額:

山林所得の金額は、「山林所得金額」という課税標準となる。

 

退職所得金額:

退職所得の金額は、「退職所得金額」という課税標準となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●所得税-所得控除と課税所得金額

 

・課税所得金額の計算

  • 課税総所得金額(千円未満切捨)

総所得金額から所得控除額の合計額を控除して「課税総所得金額」を計算します。

  • 課税山林所得金額(千円未満切捨)

山林所得金額は、「課税山林所得金額」という課税所得金額となります。

(3)課税退職所得金額(千円未満切捨)

退職所得金額は、「課税山林所得金額」という課税所得金額となります。

 

・計算上の留意点

(1)所得税は、各課税所得金額に税率を適用するため、国税通則法の規定により、それぞれ千円未満の端数を切り捨てます。

(2)所得控除額の合計額は、まず、総所得金額から控除し、控除しきれない部分の金額を山林所得金額及び退職所得金額から順次控除します。

 

・所得控除の種類

 

 

 

  • user 内田
  • time 2024年5月4日
  • tag 税務・会計・経営
  • comment 1

【税務】所得税-課税所得金額

 

 

 

 

 

 

 

 

参考文献:『租税法』金子宏 弘文堂

 

税金の基本は所得税にあり。その所得税の「基本原則」は全ての基本とも言えます。

何回かに分けて所得税の概要について書いていきたいと思います。

 

 

・課税所得金額の計算

  • 課税総所得金額(千円未満切捨)

総所得金額から所得控除額の合計額を控除して「課税総所得金額」を計算します。

  • 課税山林所得金額(千円未満切捨)

山林所得金額は、「課税山林所得金額」という課税所得金額となります。

(3)課税退職所得金額(千円未満切捨)

退職所得金額は、「課税山林所得金額」という課税所得金額となります。

 

・計算上の留意点

(1)所得税は、各課税所得金額に税率を適用するため、国税通則法の規定により、それぞれ千円未満の端数を切り捨てます。

(2)所得控除額の合計額は、まず、総所得金額から控除し、控除しきれない部分の金額を山林所得金額及び退職所得金額から順次控除します。

 

・所得控除の種類(人的控除と物的控除に分けて)

 

  • user 内田
  • time 2024年4月25日
  • tag 税務・会計・経営
  • comment 2

【税務】所得税-各種所得の金額

 

 

 

 

 

 

 

 

参考文献:『租税法』金子宏 弘文堂

 

税金の基本は所得税にあり。その所得税の「基本原則」は全ての基本とも言えます。

何回かに分けて所得税の概要について書いていきたいと思います。

 

個人所得は10種類に分けられ、こちらによりそれぞれ異なった計算方法や課税方式が取られております。

法人の場合は一つの箱で計算がされる事とはかなり異なることが分かります。

各所得が各個人に違う性質であることにより、課税の公平性を守ろうという意図が見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(注1)特定公社債等の利子等については、申告不要又は申告分離課税。

(注2)一部、分離課税として取り扱われるものがある。分離課税の対象となるのは、株式等の譲渡による所得(事業・譲渡・雑)、土地の譲渡による所得(譲渡)、不動産業者等の土地の短期譲渡等による所得(事業・雑(令和5年3月31日まで課税停止))、先物取引による所得(事業・譲渡・雑)等である。

(注3)23歳未満の扶養親族又は特別障害者の扶養親族等を有する者等については、平成30年度改正において行われた給与所得控除額が頭打ちとなる給与収入の850万円超への引き下げによる負担増が生じないよう、所得金額調整控除により調整。

給与・年金の両方を有する者については、平成30年度改正において行われた給与所得控除・公的年金等控除から基礎控除への振替による負担増が生じないよう所得金額調整控除により調整。

 

 

  • user 内田
  • time 2024年4月18日
  • tag 税務・会計・経営
  • comment 3

【税務】所得税-基本原則と計算体系

 

 

 

 

 

 

 

 

参考文献:『租税法』金子宏 弘文堂

 

税金の基本は所得税にあり。その所得税の「基本原則」は全ての基本とも言えます。

何回かに分けて所得税の概要について書いていきたいと思います。

 

 

1.所得税の基本原則

 

(1)申告納税制度

所得税は個人(⇔法人。世帯。)が1暦年間(1/1~12/31)に稼いだ所得に対して課される国税です。納税は基本的に所得を得た本人が所得税額を計算して申告納税をする「申告納税制度」となっています。

(2)応能負担の原則

所得税は各個人の担税力に応じた課税を行う事を原則としています。例えば下記により、課税の公平性を保つこととしております。

・質的担税力の考慮

個人が稼ぐ所得は多種多様であるため、所得の性質(10種類)を考慮し、その性質に見合った取り扱いとしております。

・量的担税力の考慮

個人が稼いだ所得を総合(合算)し、これに超過累進税率を適用することにより、各個人の担税力に応じた税負担を求める形となっております。

・生活面での個人的事情の考慮

怪我や病気などによる医療費などの出費、また、独身の人と家族を養っている人との違いなどといった生活面での事情を考慮して、公平な課税としております。

 

2.所得税-所得税の計算体系

(下記財務省HP図 参照 クリックすると大きくなります。)

 

 

 

 

 

 

(1)各種所得の金額計算(所得を10種類に区分して計算)

(2)課税標準の計算(各種所得の金額を総合、合算)

(3)所得控除額の計算

(4)課税所得金額の計算(個人的事情を考慮)

(5)納付税額の計算(課税所得金額に税率を乗じて税額を算出)

 

(注1)参考資料1は、主な収入を掲げており、この他に「先物取引に係る雑所得等」などがある。また、各種所得の課税方法についても、上記の課税方法のほか、源泉分離課税や申告分離課税等が適用される場合があります。

(注2)各種所得の金額及び課税所得の金額の計算上、一定の特別控除額等が適用される場合があります。

 

 

  • user 内田
  • time 2024年4月11日
  • tag 税務・会計・経営
  • comment 0

【税務】3つの基本原則

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考文献:『租税法』金子宏 弘文堂

 

税法には「3つの原則」というものがあり、税理士法人の仕事をしていく中ではこちらを頭に入れておく事がとても大切です。

もしも税務調査でそれに合わない事を調査官が言ってきたり、税務実務で判断に迷った時には思い返して判断すると良いと思います。

 

3つの基本原則

税法における3つの原則には下記のものがあります。

  • 租税法律主義の原則

税金の課税及び徴収は、必ず法律によらなければならないという原則のことです。内容としては①課税要件法定主義②課税要件明確主義③合法性原則④手続的保障原則⑤遡及立法の禁止⑥納税者の権利保護が挙げられる。

憲法84条「あらたに租税を課し、又は現行の租税を変更するには、法律又は法律の定める条件によることを必要とする」

  • 租税公平主義の原則

税法の内容として「公平」と「平等」が図られることであり、公平と中立を要求するものです。ポイントとしては①経済力に合った税負担と税配分をすること②同様の状況にあるものは平等に取り扱わないといけないこと③効率と簡素も出来る限り両立させること があります。

  • 自主財政主義の原則(参考)

地方自治体も憲法92条の自治権を使い自主的に財源を調達できるという原則の事です。

  • user 内田
  • time 2024年4月6日
  • tag 税務・会計・経営
  • comment 2